【海外留学】1年で人生を変えられる。サウスピークの「本気IT留学」で将来の生活を豊かにしませんか?

お役立ち情報

皆さん、英語留学に興味ありませんか?サウスピークという会社の「本気IT留学」良さそうだったので、調べてみました。

・1年間セブ島で英語とITプログラミングを学ぶコースの紹介です。
・中学生レベルの英語の人でも、しっかりサポートをして話せるようになるようです。(本人の頑張りが必要ですが、、)

私はもう40歳を過ぎて、子供いますし、無理ですが、我が子にはこういうのをさせたいなと思い、調べてみました。

本気で今の状況を変えたい方には、おすすめのプログラムだと思うので、よろしければ参考にしてみてください。

こんな方にお勧めです!
①転職を考えている20代会社員の方
②休学中の大学生の方
②大学入学前の高校生
今、社会で最も必要とされているスキルである「英語」と「プログラミング」が1年間で学べるプランですので、早く社会に出て仕事をしたいと考えている方に非常にオススメです。
スポンサーリンク

英語を話せる人と話せない人の年収の差

これについては色々な記事が検索できますが、英語を話せると話せないとでは年収が200万円違うと言われています。今後はさらに英語が話せる人が優遇される時代が来ると思うので差はさらに開くかもしれませんね。

他にも海外旅行に行くときも、私のような英語がほとんど話せない人は、移動一つでも大変なので、どうしても安全なタクシーなどを使ってしまいますし、日本語が話せる人のいるホテルや日本語メニューのある飲食店を中心に探してしまいます。

そうすると、どうしても割高になってしまいますし、現地の本当に美味しいお店に入ることが出来ないこともあります。

英語を話せることは、年収だけでなく色々な面でメリットがあります。

費用

実際の所、内容も大事ですが、費用が一番大事だと思います。

サウスピークの本気IT留学の費用は、

航空券、海外保険、教科書代は別ですが、「授業料、宿泊費、食事込み」で約200万円になります。

この金額を高いか安いかは人の感じ方だと思いますが、英語を話せるだけで年収が200万円違う可能性があると考えると、安くないですか?

ちなみに専門学校に行って、一人暮らしをした場合

あくまで目安です。
・学費      120万円(入学金含む)
・家賃       60万円(月5万円)
・敷金・礼金等   15万円(3カ月で計算)
・食費       24万円(月2万円)
合計      219万円
家賃や食費は安く見積もっても200万円を軽く超えてしまいます。
そう考えると、サウスピークの本気IT留学はそこまで高くないと思います。

教育ローン

サウスピークの本気IT留学は国の教育ローンを借りることが出来ます。

仮に250万円を10年間で借りた場合は、毎月の返済が約23,000円です。

学生の場合は、親にお願いすることになると思いますが、社会人の人で考えている人は、十分に返済可能な金額なのではと思います。

学習環境

サウスピークの本気IT留学の良いと思ったところは、学習環境です。

最終的には、個人の頑張りで差がつくとは思いますが、

当然ですが、日本では無いので、英語漬けの毎日になります。「IT留学」とありますが、最初は英語をみっちり学習しますし、ITの授業も英語なので、1年で見違える英語力になるようです。
さらに、勉強する環境も違います。同じ目的を持った人たちが異国の地で学ぶので、やる気も専門学校とは全然違うようです。(一生懸命頑張っている専門学生の皆さんごめんなさい💦)

正直な所、とりあえず専門学校という方も中にはいると思います。

サウスピークの本気IT留学はそういう方が少ないと思うので、良い環境が出来上がるかもしれませんね。

カリキュラム

金額や学習環境を先に説明してきましたが、次にカリキュラムです。

まず4カ月でみっちり英語を勉強するようです。質問の所にも中学英語レベルでも大丈夫と書いてあります。お金を払っているし、頑張らないといけない環境になるので、必死に勉強するんだと思います。

後半のIT講義は以下の特徴があるようです。

本当に英語漬けの毎日ですね。

TOEIC700点以上を目指して学習していくそうです。

 

就職支援

サウスピークの本気IT留学の特徴の一つに卒業後の就職支援もあります。

面接の練習もあるのは、心強いですよね。

留学までの流れ

前期と後期に分かれていて、最短は4月入学のため、3月22日までが申し込み期限のようです。

流れとしては

無料で相談も出来るので、興味がある方は一度相談してみてはいかがでしょうか?

まとめ

真剣に英語を覚えたい方や、プラグラミングスキルを身に着けたい方には、お勧めだと思います。

息子が大きくなったら、こういうところを活用したいと思っています。

皆さんも本気でチャレンジしてみませんか?

お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
ツイッターもやっています。sasuke父をフォローする
sasuke familyのなんでもBLOG