アトランティックパンプキン 育て方 ハロウィーン本物の飾り ジャックオーランタン

家庭菜園
スポンサーリンク

はじめに

今まで、ハロウィーンの飾り付けってあまり興味がなかったのですが…
ハロウィーン時期にディズニーランドに行ったとき、なんて楽しいんだろうと思い、ちょっと飾りを玄関先に置きたいなと思うようになりました。


やっぱり置物は作り物じゃなくて、
本物がいー!!って思う方いませんか?
私は本物がいーとなんでも思ってしまうんです…(^-^;
クリスマスのもみの木も本物のもみの木で飾りたくて、育てていますが、
暑い夏を越すのが難しく…
2回も枯らしてしまいました(T_T)
今回枯らしたら、二度と育てたいと言いませんとお願いし、
夫より許可を得て、今3代目のもみの木を必死に育て中です(^_^)
もうすぐ、2回目の夏がやってきます(((^^;)
話がそれましたが、ハロウィーンで本物の飾りを作りたいとなれば、
やっぱりカボチャで作るジャックオーランタン!!
しかも小さい飾りカボチャじゃなくて、ちょっと大きめのオレンジのカボチャが欲しいと思い、インターネットで探したら高い(x_x)!!
数日しか飾らないのに何千円も出せません…(^-^;
ということで、今年は庭で育ててみようと思います!!
まず、デカイカボチャで検索すると、アトランティックパンプキンっという名前が出てきます。
コンテストとかもあったりするようですが、ちょっと子供と工作して、数日玄関に飾りたい位なので、
そこまで大きくならなくてもいーですが、でも見映えるくらいの物を作れるように頑張りたいです。

種の購入

園芸売り場を見てみたのですが、私は見つけることができなかったので、インターネットで購入してみました。
送料入れて500円前後位です。

土作り

植え付けの1か月位前、土に完熟たい肥(10m2当たり20kg)を入れ、30cm以上の深さに耕すことが必要です。
広範囲に伸びるので、定植する場所の半径1mに300g程度の園芸用肥料を定植直前に軽く使用し耕します。肥料を入れすぎると、雌花がつきにくくなるようなので、注意が必要なようです。
広範囲に伸びるため、育てる場所も広く欲しいところですが、我が家の庭では、そんなに広い範囲が確保出来ず1×4メートル程の畝を作ってみました。

 種の植え付け

地温が上がってくる3月下旬から4月下旬頃、直径12~15センチのポットに、種のとがった方を下にし、深さ1cm程度のあたりに植えます。苗が徒長しないように間隔を広げ、光が十分に当たるようにします。苗が混み合った場合やかん水量が多すぎた場合に、徒長した苗となってしまうので注意が必要です。

調べると、『温度は、25度から30度をキープすると5日程度で発芽する。途中で温度が下がったりすると発芽に失敗することもある。』と書いてありましたが、

我が家では、4月末に植えましたが、植えた後から気温が上がらず、最高でも20度にもなりません。

朝は放射冷却でさらに冷え込んでます(T_T)

大丈夫でしょうか…

一粒位、発芽して頂きたい(T_T)

不安一杯ですが、今回はここまでです。

また、我が家のでかカボチャの成長と共に続きを書いていこうと思います。

ご覧いただきありがとうございました。