【先取学習のRISU】先取学習の必要性と料金を公文と比べてみました。⑤

RISU

ブログをご覧いただきありがとうございます。

年少の息子に先取学習をしたくて、RISUキッズを始めました。

今の状況は、RISUキッズを修了した所です。(RISUキッズは年中から年長用になります。)

内容としては、絵で考える問題があったり、簡単な足し算があったりと、色々な問題があり、足し算をしつつ、飽きたら絵の問題をしたりして、何とか修了しました。

修了と同時に小学生コースが学習できるようになりましたが、今はキッズコースを復習して、ちょっと解くのに時間が掛かる問題を中心に学習しています。

先取学習については賛否両論あるので、我が家なりの考えとRISUについて考えて見たいと思います。

この記事は
①先取学習について
②先取学習した場合のRISUの料金体系
についての記事になります。

幼児教育始めませんか?
【年少からの幼児教育】自宅でできる幼児教育やってよかったもの一覧

4歳までのお子さんをお持ちの皆さん、おもちゃレンタルはいかがですか?
置く場所や、たくさん買い与えるのはどうなのか?と思っている皆さんにお勧めです。子供の年齢に合ったおもちゃで知育しませんか?
乳幼児にお勧め!おもちゃレンタルで知育しましょう。知育玩具
スポンサーリンク

料金

まずは、ここが一番気になる所なので、紹介します。

①年額一括12ヶ月分29,760円 (月あたり2,480円)の基本料金
先取学習をした場合は、やった分だけ追加料金がかかります。
②ひと月のご利用料の上限金額は8,980円です。8,980円は約2.3倍速(※小学校6年間の全ての内容をわずか2年7ヶ月程で達成する速度)となります。
利用料を算出する計算式は以下となります。
1) 月平均クリアステージ数 = RISU算数ご契約開始からクリアーした累計ステージ数 ÷ ご利用月数
2) その月のご利用料金=1)の月平均クリアステージ数に応じた以下の金額
1.0未満:0円
1.0以上~1.3未満:980円
1.3以上~1.5未満:1,480円
1.5以上~1.7未満:1,980円
1.7以上~2.0未満:2,980円
2.0以上~2.2未満:3,980円
2.2以上~2.5未満:5,480円
2.5以上~3.0未満:6,980円
3.0以上:8,980円
※開始時に行って頂く実力テストの結果、正解した内容のステージは当該ステージをクリアーしたとみなし上記の式には含みません。
ひと月のご利用料の上限金額は8,980円です。8,980円は約2.3倍速(※小学校6年間の全ての内容をわずか2年7ヶ月程で達成する速度)となります。
ちょっとわかりづらいですね💦
実際、我が家も小学生コースに進んでいない一番の理由としては、この料金体系が良くわからないことです。
上限が設定されていて、上限の場合は8,980円という事なので、基本料金と合わせると、11,500円くらいになります。
公文が7,150円なので公文より月4,000円高いことになりますが、このペースだと、小学生の問題を3年生の11月頃に終わる計算になるようなので現実的ではないと思っています。平均するともっと安くなるだろうと思っています。
平均のステージクリア数を出すので、単純に計算は出来ないようですが、小学生の94のコースを6年間平均的にやったとすると、
【平均的に学習した場合】
6年間×12カ月=72カ月(小学校6年間)
94(小学生のコース)÷72(カ月)≒1.3
上の金額に当てはめると、1.3→1,480円
2,480円(基本料金)+1,480円=3,960円
上のような計算になりました、、、、、。RISUは基本料金ベースで小学生コース全部受講できない計算になるんですね💦
公文くらべれば半額近くなので、安いとは思いますが💦
実際は計算が少しややこしいようなので、こんな単純な計算では無いようですか、平均でならすと、毎月4,000円程度で小学生コースを修了できるようですね。
公文が7,150円なので、先取をしても公文よりかなりお得に出来そうですね。

期間限定!!https://www.risu-japan.com/lp/kaigaifxkatou-kids.html

 上記をクリックし、クーポンコード「ssk07a」を入力すれば無料お試しが出来ます。興味をある方は是非。

今後の先取予定

RISUの最大の特徴は、自分のペースでどんどん先に進めることです。
今タブレット学習はスマイルゼミもしていますが、スマイルゼミは毎月決まった課題をダウンロードします。
息子は年長コースをしているので、実質先取学習をしていることにはなっていますが、次の月の問題は翌月にならないと出来ないので、先取学習が頭打ちになります。
その点RISUは追加料金はかかりますが、いくらでも先に進めることが出来ます。
ただ、年少の子供に小学生コースはさすがにまだ早いと思うので、今後はキッズコースを簡単に解けるようになったら小学生コースに進もうと思っています。
イメージとしては年中の6月頃から小学生コースに進むくらいのイメージで行こうかなと考えています。

小学生から始める子供はテストがある

参考までに我が家は、キッズコースから始めているので、自動的に小学生コースは1からスタートですが、小学生から新規で始めた場合は、

開始時に行って頂く実力テストの結果、正解した内容のステージは当該ステージをクリアーしたとみなし上記の式には含みません。

公式ホームページより

とあります。なので、まずテストをやって、解けた問題は追加料金の対象にはならず、解けなかった問題からスタートするようです。

仮に2年生で始めた場合は、3年生の問題まで解けた場合は、3年生の問題からスタートする形になるようです。

2年生が3年生の問題をしていれば、先取で追加料金が取られそうですが、3年生の問題からスタートになるので、その後の先取に追加料金が発生する形になるようです。

なので、どこから初めての、今の自分のレベルまでは基本料金で保証されて、その先を平均ペースではなく、どんどん先取する子供は追加料金という形になります。

こちらから進むと、2週間の無料体験が出来ます。

資料請求も無料なのでこの機会に是非ご検討ください!

 

まとめ

先取学習についての考えも書こうと思いしたが、料金の話が長くなってしまったので、先取学習については後日また書こうと思っています。

RISUは公文と違い、ただ計算するだけでなく、絵があったりして続ける工夫をしていますので、幼児には特におすすめな教材だと思っています。

皆さんも是非一緒に始めませんか?

ご覧いただきありがとうございました。

幼児教育始めませんか?
【年少からの幼児教育】自宅でできる幼児教育やってよかったもの一覧

4歳までのお子さんをお持ちの皆さん、おもちゃレンタルはいかがですか?
置く場所や、たくさん買い与えるのはどうなのか?と思っている皆さんにお勧めです。子供の年齢に合ったおもちゃで知育しませんか?
乳幼児にお勧め!おもちゃレンタルで知育しましょう。知育玩具