【RISUきっず】算数の先取学習、幼児教育レポ②

RISU

SASUKE父です。ご覧いただきありがとうございます。

RISUきっずを始めて2週間が経過しました。

算数に特化した先取学習のRISUの実践レポートをしたいと思います。

 

我が子の幼児教育の一覧を作成しました。よろしければご覧ください。

【年少からの幼児教育】自宅でできる幼児教育やってよかったもの一覧

 

期間限定!!

人数限定! RISUお試しキャンペーン | リスジャパン株式会社
>人数限定RISUお試しキャンペーン。平均2学年以上を先取り。RISU(リスジャパン)算数は、枠を設けず、一生涯役に立つ総合力を算数/数学で鍛えるツールです。

 上記をクリックし、クーポンコード「ssk07a」を入力すれば無料お試しが出来ます。興味をある方は是非。

学習時間

RISUきっずは公式ホームページ上で学習を週に1~2回、20分程度の時間を推奨しています。今は簡単な問題ですし、年少なので当然宿題もないので毎日時間を作ることが出来ますが、小学生になると宿題やスポーツなど、やることも増えてくるので中々時間が取れなくなると思いますが、週に1~2回、20分程度なら将来的に無理なく続けられるような設定ではと思っています。

ちなみ我が子の2週間は

15日中13日間の勉強して、1日の平均時間は24分です。1日だけ尋常じゃない数字になっているのは、問題をつけたまま、違う事をしてしまったのが原因かなと思うので、実際は1日15分くらいの勉強になると思います。

1ステージ25面ありますが、1日10面を目標にしている状況です。

うちの子はやる気の波が激しいので、やる時の集中力は親ばかながら半端ないのですが、やらない時の集中力の無さはすさまじいくらいの状態です💦

それでも年少のうちから毎日勉強をする習慣がつくのはすごく良いことだと思っていますし、それがどんどん先取学習につながっていくと思っています。

メール配信

 

RISUのマイページには、設定した時間になったらメールで知らせてくれる機能もあります。週1~2回を推奨しているので、設定できるのは週2回までのようです。

携帯を持っているお子さんは、お子さんのとこにメールが行くようにすると良いかもしれませんね。

【進み具合①】足し算に突入

足し算は、視覚でも確認できるようになっています。

この辺は公文と違いますね。

どちらがいいのかは人それぞれだと思いますが、我が子にはこっちの方があっているようです。

公文の場合はいきなり絵のない問題から始まりますが、年少ならこういう数えることが出来る問題から始めるのは大切だと思います。

我が家の場合は、問題の絵をおもちゃやお菓子に変えてイメージさせています。

「チョコレートを1個食べました。そしたら、ママがもっと食べていいよと言って、5個くれました。全部で何個食べれたでしょうか?」

など問題を変えています。

答え方は□をタッチすると下に0~9までの数字が出てきます。その数字を選択して答えわせのボタンを押します。

ちなみにこの問題の場合はこの1問で1面がクリアになります。

公文の場合は〇+1のような問題を3000問(我が子の場合ですが💦)繰り返しましたが、RISUの場合は+1をしつつ、+2、+3もやっていくので、飽きることがなく進むことが出来ますよ。

【進み具合②】大きい数はどっち

今は分岐になっていして、足し算の他に大きい数はどっちか?っていう問題もしています。

これは最後の問題なので3問あります。

数字と絵で判断してどっちが大きいか決めます。

大人にとっては問題ない問題ですが、子供は対象が数字と絵で違うとしっかり迷ってくれます。

面白いですよね。RISUきっずはタッチペンで字も書けるので、絵の方は忘れそうなら数字を絵の横に書いて比較した方がやりやすいと思います。

子供のやる気

今の所、我が子は楽しくやっています。年少ですが問題なく進めています。

ステージをクリアしたり節目ごとに先生から頑張ったね動画が来ます。

その動画見たさに頑張っているところもありますが、良い傾向だと思っています。

親がやる気を出させるのは限界があると思いますので💦

今の所我が家は順調に学習出来ているRISUきっずを皆さんのお子さんもやってみませんか、RISUきっずコースは月2480円で出来ます。

公文なら7000円以上しますので、値段を考えてもお勧めですよ。

 

期間限定!!
https://www.risu-japan.com/lp/kaigaifxkatou-kids.html

上記をクリックし、クーポンコード「ssk07a」を入力すれば無料お試しが出来ます。興味をある方は是非。

 

今は幼稚園無償化でありがたいことに保育料が先輩たちより安いです。その恩恵を子供の将来のために投資してみませんか?

先取学習の出来るRISUきっずは子供の投資に最適な教材だと思います。

我が家も親子ともども継続して頑張ろうと思います。

ご覧いただきありがとうございました。