【年少から始める幼児教育】七田式基礎概念三角4色チップ始めました。

自宅学習

SASUKE父です。ご覧いただきありがとうございます。

今我が子はいくつかの教材をしています。

幼児からRISUキッズを始めて先取学習しましょう。

【年少からの幼児教育】公文積み木頑張ってます。②

上の他に英語教室と幼児教室に通っています。

我が家は幼稚園無償化を子供の将来のための投資として、学習環境を整えることにしました。

私達夫婦は平凡な夫婦ですが、子供には可能性を少しでも広げてあげようと思っています。何かやりたいことが見つかった時に、なれる可能性が十分にあるポジションにいて欲しいと思っています。

そのための環境作りは幼児から始まると思っているのが我が家の考えです。

積木が一通りの課題が終わり、今は反復している状況なので、新しい教材は無いかなと思い気になるのを見つけたので買ってみました。

スポンサーリンク

七田式基礎概念 三角4色チップ

七田式は新潟市にも教室があり、体験教室に行きました。

凄く刺激性のある教室でしたが、金額は高く断念してしまいましたが、その教材が市販されていたので購入してみました。(実際に教室では市販されていない教材を使うようです。)

中身はこんな感じになっています。

4種類の三角と台紙と課題が入っています。

やってみました!

実際にいくつかやってみました。

 

最初の課題です。単色1つづつの組み合わせので、色でイメージが付きやすいので問題なく作れました。(やった分だけ頑張ったねシールを貼ってあげるとやる気が出ますよ!)

対面から撮った写真を回転しているので違和感ありますがすみません💦

 

2ページ目はこれです。ここからは同じ色の三角チップをつなげる作業になります。

三角チップを2つつなげる場合、つなげ方で三角形にも四角形にもなるので、子供たちには一気に難易度が上がります。

この辺は積み木と全く違くので面白いですね。

上は黄色の三角を2つつなげて□にします。

下の赤と青は2つつなげて△を作っています。

 

3ページ目です。

下のは法は三角を3つ使います。なかなか年少の子供には苦戦でした。

その他にも三角形を使って色々な物を作っていくようです。

 

まとめ

今までは同じ形の積み木で、色々な物を作っていましたが、三角形はくっつけかたによって三角形になったり四角形になったりと、1段上の教材に感じました。

積木と三角チップを併用しつつ、これからも幼児教育を続けていきたいと思います。

皆さんもいかがですか?

おすすめですよ。

ご覧いただきありがとうございました。