出産祝い 新札じゃないとダメ?両替方法は?相場は?

お祝いのし袋 役立ち情報

sasuke父です。知り合いにめでたくお孫さんが産まれました。

知り合いの息子も小さい頃から知っているのでお祝いを上げようかなと思っています。

私も良い年なので、マナーをしっかり守って良い大人をアピールするために色々調べてみたのでシェアします。

長く書いても知りたいことが出てこないかもしれないので、最初に結論だけ書きます。

その次に説明をしたいと思います。

スポンサーリンク

出産祝いのマナー

・時期は出産祝いの知らせを受けてから、産後7日から1カ月を目途に

・のし袋の表書きには、「御祝」「ご出産」「寿」「御出産御祝」と書いて、水引は「紅白蝶結び」を選ぶ

お祝いのし袋

・ペンは毛筆。筆ペンでも代用できるが濃い墨を選ぶ

・相場は

親戚:1万円~3万円
親友:1万円
友人・知人:5000円~1万円
同僚・会社関係:5000円~1万円
近所・隣人:3000円

・新札を用意して下さい。

・お札の向きは、袋を開けた時に肖像画が最初に見える向きです。

出産祝いのルール

ここからは詳しいルールの紹介です。このルールが絶対ではありませんが、そこからあまりにも離れすぎると相手にも失礼になりますので、注意が必要になります。

出産祝いを贈るタイミング

出産祝いは「出産の報せを聞いてから」が基本です。

母子の状態もわからに状態で行くのは、やめましょう。お祝いですからね。

時期は「生後7日~1か月くらい」に贈るのがベストと言われています。

順調なら1週間あれば自宅に帰ると思うので、自宅に行きづらい場合は、退院ぎりぎりのタイミングを確認して病院へ行くのが良いと思います。

それと地域のしきたり等もあると思いますので、各地域の確認もしてみてください。

のし袋の種類と書き方

お祝いのし袋表書きには、「御祝」「ご出産」「寿」「御出産御祝」書いて贈るのがマナーとされていますが、今は書いてあるのし袋がおおいですよ。
水引は「紅白蝶結び」を選びましょう。
蝶結びは何度でも結びなおすことができるので、「何度あってもよい」という縁起担ぎになります。

ペンにも注意が必要です。毛筆を使いましょう。筆ペンでも代用可能ですが、薄墨はお葬式などの法事、濃い墨は慶事に使われます。出産祝いは慶事なので、薄墨はマナー違反です。濃い色の墨で「祝御出産」「御出産御祝」などと綴り、下に名前を書くようにしましょう。

おさらいです。

贈るタイミングは 7日~1カ月以内

熨斗の種類は   紅白蝶結び

になります。

 

相場は?

「自分と贈る方との関係別」で相場の目安が違います。
親戚:1万円~3万円
親友:1万円
友人・知人:5000円~1万円
同僚・会社関係:5000円~1万円
近所・隣人:3000円

プレゼントを渡す場合も、相場を参考にすると良いです。

関係にもよりますが、相場を大幅に超えるようなものは相手もお返しに困るので、送りたい場合は連名にすると、相手もお返しに困らないかもしれませんね。

最近はお金や商品券ではなく、アマゾンギフト券などもあるようです。

お札の向き

内袋を開けたと時に、お札の肖像画が見える向きにお札を入れるのが正解になります。

ダメな数字は?

結婚式では割り切れる数字は縁起が悪いと言われますが、出産祝いは大丈夫です。

あとは4や9は「死」や「苦」を連想するので避けた方がいいです。

新札?

お祝い事は新札が基本です。結婚祝いじゃないからではなく、慶事なので診察を用意しましょう。

新札の入手方法

・銀行で両替

・郵便局で両替(以前はダメでしたが、今は対応しているようです。)

・ATM(機械の故障を防ぐために、比較的新しいお札が入っているようです。)

になります。

裏技として、銀行が閉まっていて、ATMでもダメだった場合、コンビニのレジでお願いすると新札があれば対応してくれる場合もあるようです。

これに関しては、新札があるかどうかと、店員次第なので運要素が強いので、いつお祝いを出せてもいいように、新札は用意しておきましょう。

 

まとめ

ということで私は、1万円を包むことにしました。

大きい額は相手がお返しに困るとかはあまり考えたことはありませんでしたが、確かにその通りだなと思いました。

皆さんもマナーを守って、お祝いをしましょう。

ご覧いただきありがとうございました。